CATEGORY : 3D

GIMMICK – FANTAISIE IMPROMPTU

[ソース表示] SiON v0.652 で実装されたMIDIデータ再生機能と、v0.64で実装された新規PCM音源エンジンを合わせて、SiON の音楽同期機能で Stage3D 描画とシンクロさせたデモです。やってること自体は一般的な MIDI Player の鍵盤表示とあまり変わりはありません。 画面ドラッグでカメラ移動です。 関連エントリ;AcrionScript でからくりショパン

4k fly-through

[ソース表示] 4084文字で自動生成した地形の上を飛ぶ Fly through を実装しました。 [left/right/a/s]:rotation [up]:accel [down/Shift/Space]:flying 関連エントリ;ActionScript で 地形生成 を 4k Byte で

Boolean Crystal

[ソース表示] ステンシルバッファによる立体ブーリアン演算をやってみました。ステンシルバッファの使用方法などの詳細はブログに書いています。地味にCubeTextureによる似非屈折レンダリングも行ってますが、計算が間違ってるので注意。 関連エントリ;ActionScript で立体のブーリアン演算+AGALで擬似屈折+反射シェーダ(1)

Spirographical Ingot Cast

[ソース表示] スピログラフを3次元に展開してみました。文字列からパラメータを生成して形状に反映させています。パーティクルエンジンにはPoint Sprite Particleを使ってます。 関連エントリ;ActionScript でスピログラフ

Point Sprite Particle

[ソース表示] わりとマジメに Stage3D で Point Sprite を実装してみました。 関連エントリ;ActionScriptでPoint Sprite

Metallic Soft Cube

[ソース表示] 疑似環境マップによる反射表現とジオメトリブレンディングを、FlashPlayer11から搭載されたGPUレンダリング機能 Stage3D で実装しました。とくに新しいことはしていません。基本的なStage3Dの使用方法です。 関連エントリ;ActionScriptでジオメトリブレンディング+AGALで金属光沢シェーダ

Self Shadow on FlashPlayer10

[ソース表示] ライティングはおろかデプスバッファすら実装されていない FlashPlayer10 の似非3D機能で,セルフシャドウのレンダリングをやってみました。GPUを叩けるようになったFlashPlayer10 の Stage3D では、もっと複雑な処理も簡単に高速に実装できるようになっていますが、技術的にやっていることは一緒です。 技術解説エントリ;ActionScript でセルフシャドウレンダリング

Clear Water with refraction rendering

[ソース表示] saharanさんの3D水面 / Water 3Dに屈折レンダリングを加えてリアルな水面を実装しました。当時はまだStage3Dが未実装だったため、ForkしたコンテンツはFlashPlayer10で動作しますが、上のデモはStage3Dバージョンです。 FlashPlayer11(Stage3D)コースティックバージョン;Clear Water with caustics [Stage3D version] FlashPlayer10(似非3D)バージョン;Clear Water with refraction rendering forked from: 3D水面 / Water 3D FlashPlayer10(似非3D)コースティックバージョン;Clear Water with caustics 技術解説エントリ;ActionScript で屈折レンダリング+Molehill雑感

にょきにょきシンセサイザー

[ソース表示] SiON SoundObject の1つである Arpeggiator と si.sound.synthesizers.AnalogSynth クラス によるシンセサイザです。 SiON SoundObject Quartet でも使われている Arpeggiator の音合成に AnalogSynth モジュールを用いて各パラメータをUIからいじれるようにしています。AnalogSynth モジュールにより、一般的な減算型シンセの VCO/VCA/VCF を用いた音色エディットが可能となります。 Arpeggiator による演奏や AnalogSynth による音色エディットを使いたい場合は参考にしてみてください。 SiON Kaoscillator は、よりシンプルな Arpeggiator の使用例です。

Bound Ball Synthesizer 2

[ソース表示] 跳ねるボールのバウンドによって自動演奏を行います。 上述 Puppyish Pentatonicism と同様ランダムなタイミングで発生するバウンドの効果音を、Synchronized Sequence 機能によってリズムに合わせています。このアプリでは上述のタイムラグをごまかすために、接地タイミングの先行計算を行って早めに発音させています。インタラクティブ性があり(クリックで発音)、演算が単純(バウンドのみ)な場合に有効な方法です。 物理演算+音生成の実装における、Puppyish Pentatonicism 以外のもうひとつの選択肢となります。