TAG : geometry-blending

Boolean Crystal

[ソース表示] ステンシルバッファによる立体ブーリアン演算をやってみました。ステンシルバッファの使用方法などの詳細はブログに書いています。地味にCubeTextureによる似非屈折レンダリングも行ってますが、計算が間違ってるので注意。 関連エントリ;ActionScript で立体のブーリアン演算+AGALで擬似屈折+反射シェーダ(1)

Spirographical Ingot Cast

[ソース表示] スピログラフを3次元に展開してみました。文字列からパラメータを生成して形状に反映させています。パーティクルエンジンにはPoint Sprite Particleを使ってます。 関連エントリ;ActionScript でスピログラフ

Metallic Soft Cube

[ソース表示] 疑似環境マップによる反射表現とジオメトリブレンディングを、FlashPlayer11から搭載されたGPUレンダリング機能 Stage3D で実装しました。とくに新しいことはしていません。基本的なStage3Dの使用方法です。 関連エントリ;ActionScriptでジオメトリブレンディング+AGALで金属光沢シェーダ

wonderflで3D(FlashPlayer10)

[ソースを表示] FlashPlayer10 で搭載された”疑似”3D機能の最初の実験作です(Gouraud Shading版)。FlashPlayer10の疑似3D機能は、Graphicsに毛が生えた程度のものだったので、3Dのレンダリングに関する計算はほぼ全てコードとして書く必要がありました。今では当たり前の様々な処理をほとんど自前で準備したため、非常に勉強になりました。 関連エントリ;wonderflでガチ3D