TAG : ray-tracing

Clear Water with refraction rendering

[ソース表示] saharanさんの3D水面 / Water 3Dに屈折レンダリングを加えてリアルな水面を実装しました。当時はまだStage3Dが未実装だったため、ForkしたコンテンツはFlashPlayer10で動作しますが、上のデモはStage3Dバージョンです。 FlashPlayer11(Stage3D)コースティックバージョン;Clear Water with caustics [Stage3D version] FlashPlayer10(似非3D)バージョン;Clear Water with refraction rendering forked from: 3D水面 / Water 3D FlashPlayer10(似非3D)コースティックバージョン;Clear Water with caustics 技術解説エントリ;ActionScript で屈折レンダリング+Molehill雑感

Real Time Ray Tracing

[ソース表示] レイトレースの中でも最も基本的な球面反射をリアルタイムでレンダリングします。200行弱の非常にシンプルな実装のため、移植性は高いと思います。 jsdo.it にはJavaScript version[Real Time Ray Tracing]も投稿しました。こちらはブラウザごとのNumberの扱いの違いなどに微妙に悩まされました。

Real time ambient occlusion on FlashPlayer10

[ソース表示] ライティングもデプスバッファも無い FlashPlayer10 の似非3D機能を使ったリアルタイム大域照明(Ambient Occlusion)レンダリングです。球面の各頂点から見える景色を簡易レンダリングすることで遮蔽率を計算します。大雑把に言えば、物体を真っ黒/背景を真っ白に設定して、原始的なラジオシティ法のエネルギー伝播を1回だけ実行している、とも表現できるかもしれません。 関連エントリ; WonderflでReal Time? Ambient Occlusion

Ambient Occlusion Rendering

[ソース表示] 大域証明 ray-tracing のベンチマークテストであるAOBench(https://code.google.com/p/aobench/)を FlashPlayer10 に移植したものです。当時は ActionScript3に Vector がようやく搭載されたばかりで、まだ認知度が低かったため、その実験と検証を兼ねて投稿しました。 関連エントリ; wonderflで汚名返上