TAG : sound

Puppyish Pentatonicism

[ソース表示] 物理演算で自由落下するボールの衝突によって自動演奏を行います。 物理演算による衝突はランダムなタイミングで発生しますが、その効果音を Synchronized Sequence 機能によってリズムに合わせることで、自動演奏しているように見せています。Synchronized Sequence 機能は、発音メソッド(SiONDriver.noteOn/sequenceOn/playSound)を呼び出してからリズムに合うタイミングまで待機して音を鳴らす機能なので、そのまま使うとタイムラグが発生します。このアプリではバッファを使用して表示されるタイミングを遅らせることでタイムラグを目立たなくしています。 物理演算+音生成を実装したい場合、参照してください。

SiON SoundObject Quartet

[ソース表示] SiON version0.60 から導入された SoundObject を使ったシンセサイザです。 SoundObject を用いると DisplayObject と似た感覚で 音源 SiON をコントロールする事ができます。このアプリでは Arpeggiator、BassSequencer, ChordPad, DrumMachine の4種類の SoundObject のプロパティ値を UI を通じていじることで SiON をコントロールしています. 手軽に SiON のシンセサイザを使ってみたい方は,参考にしてみてください.

MIDIシーケンスを演奏してみた

[ソース表示] nemu90kWwさんのMIDIシーケンスを解析してみたをforkして、SiON を使ってMIDIデータを再生してみました。このコードは SiON にマージされ、SiON version0.652 から正式に MIDI データ再生機能として実装されました。 関連エントリ:SiON v0.652 リリース

shmups with SiON

[ソース表示] shmups on LCDをforkして、SiONで音生成、SEをBGMと同期させたサウンド生成シューティングゲームです。全6ステージですが道中を大幅に短くして難易度を控えめにチューニングし直し、画面上半分で得点2倍とすることでゲームバランスを再調整しています。

SiON MML Edtor 2

[ソース表示] SiON Music Macro Language のエディタです。MMLを書いて Shift+Return で演奏します。TSSCP MMLからの変換も可能です。 MMLTalksのエディタ部で使われています。

SiON FM Synthesizer WF-1

[ソース表示] SiONを使用した、キーボードを鍵盤に見立てて演奏するFM 音源シンセサイザーです.このデモで使用できる音色は全てSiONライブラリのプリセットボイスとして呼び出すことが出来ます.

Super Mario Synthesizer

[ソース表示] SiON の MML と PSG 音源エミュレーションにより、スーパーマリオのBGMとSEを再現しています。手元で揃えられたMMLデータだけしかないため、一部データが歯抜けになっています。rectさんによるデータほぼ完全版 JavaScript から SiON のエンジンを叩く JSiON.lib のデモで、このSuper Mario Synthesizer を移植しています。 JavaScript 版 Super Mario Synthesizer 

SiON Kaoscillator

[ソース表示] SiON アルペジェータのサンプルです.音程と音長をマウスドラッグで操作します.Shift/Ctrlでスタッカートとポルタメントも操作できます.