TAG : SoundObject

にょきにょきシンセサイザー

[ソース表示] SiON SoundObject の1つである Arpeggiator と si.sound.synthesizers.AnalogSynth クラス によるシンセサイザです。 SiON SoundObject Quartet でも使われている Arpeggiator の音合成に AnalogSynth モジュールを用いて各パラメータをUIからいじれるようにしています。AnalogSynth モジュールにより、一般的な減算型シンセの VCO/VCA/VCF を用いた音色エディットが可能となります。 Arpeggiator による演奏や AnalogSynth による音色エディットを使いたい場合は参考にしてみてください。 SiON Kaoscillator は、よりシンプルな Arpeggiator の使用例です。

Active Sonar Sequencer

[ソース表示] 譜面を潜水艦のアクティブソナーに見立てたシーケンサーです。クリックで音素を配置、ドラッグで音素を動かす、ダブルクリックで色変更できます。HTML5xFlash JAM session4で金賞を頂きました。

Bound Ball Synthesizer 2

[ソース表示] 跳ねるボールのバウンドによって自動演奏を行います。 上述 Puppyish Pentatonicism と同様ランダムなタイミングで発生するバウンドの効果音を、Synchronized Sequence 機能によってリズムに合わせています。このアプリでは上述のタイムラグをごまかすために、接地タイミングの先行計算を行って早めに発音させています。インタラクティブ性があり(クリックで発音)、演算が単純(バウンドのみ)な場合に有効な方法です。 物理演算+音生成の実装における、Puppyish Pentatonicism 以外のもうひとつの選択肢となります。

Click me, if you can

[ソース表示] SiON を使った簡単なクリックゲームです。ウロウロ動くボタンを3個連続で同じ色をクリックできると得点が入ります。早いほど高得点で、空クリックは時間ペナルティになります。HTML5xFlash JAM session3で銀賞を頂きました。

SiON TETRISizer

[ソース表示] 効果音をリズムに合わせる,進行状況に応じて曲が変化するテトリスです.SiON の Synchronized Sequence 機能を用いて効果音をBGMと同期しています.曲変化は SoundObject のパラメータ変更と Synchronized Sequence 機能によるMML演奏の同期により実現しています。 自作Flashで”ルミナス”のような演出を行いたい場合,参考になると思います。 関連エントリ;TETRISiON 〜 もし水口哲也がテトリスを作ったら(原題)

SiON SoundObject Quartet

[ソース表示] SiON version0.60 から導入された SoundObject を使ったシンセサイザです。 SoundObject を用いると DisplayObject と似た感覚で 音源 SiON をコントロールする事ができます。このアプリでは Arpeggiator、BassSequencer, ChordPad, DrumMachine の4種類の SoundObject のプロパティ値を UI を通じていじることで SiON をコントロールしています. 手軽に SiON のシンセサイザを使ってみたい方は,参考にしてみてください.

SiON Kaoscillator

[ソース表示] SiON アルペジェータのサンプルです.音程と音長をマウスドラッグで操作します.Shift/Ctrlでスタッカートとポルタメントも操作できます.

SiON

SiONを使用したコンテンツ; http://soundimpulse.sakura.ne.jp/tag/sion/ SiON (“サイオン”) は,Flash Player 10 上で動作する ソフトウェア音源 です. このライブラリによって mp3 データを用意しなくても様々な音を合成し,楽譜に合わせて演奏する事ができます.また,曲シーケンスと DisplayObject の連携や,動的な音楽生成が,シンプルに実装できます.もちろん mp3 データにも対応しており,Sound クラスを PCM 音源波形として取り込む事で,スライシング/ループ再生,ピッチ/エンベープ/モジュレーション/フィルタなどの操作やエフェクタによる加工,mp3 データ自体を音色として楽譜の演奏,などが可能です. 楽譜や音源の設定は Music Macro Language (MML) によって記述する事ができるため,非常に軽量なテキストデータによって音楽や効果音を表現できます. デモページと実装例では,SiON を使用した様々なデモサンプルを確認できます. Center Site; https://sites.google.com/site/sioncenterj/ Github; https://github.com/keim/SiON